« ラグampボーン2013年春夏コレクション相反する質感が織り成すスポーティフェミニン | トップページ | 仏発酵バターエシレ専門店のレモンバターペースト手絞りレモン果汁の爽やかな味わい »

2022年6月 3日 (金)

ニコライバーグマン最大規模のフラワーアート展が太宰府天満宮で2050年の花見を表現

フラワーアーティスト(Nicolai Bergmann)が、自身最大規模となる展覧会「Nicolai Bergmann HANAMI 2050 花を愛で、未来を想う Flower Exhibition in Dazaifu Tenmangu」を福岡・太宰府天満宮にて開催。期間は、2018年3月29日(木)から4月1日(日)まで。

ニコライ バーグマンが手掛ける太宰府天満宮での展覧会は、に続き、今回が3回目。2016年に開催した太宰府天満宮、宝満宮竈門神社、志賀海神社に、柳川藩主立花邸 御花が加わり、全4会場で同時開催が行われる。
展覧会のテーマである「HANAMI 2050」は、日本人が愛してやまない花見の 未来 を、ニコライ バーグマン独自の視点から生まれるフラワーアートの世界によって表現。ニコライ バーグマンが得意とするアクリルやスチール、また、デジタルコンテンツやリフレクション、インスタレーションアートなどと花を組み合わせた、近未来的な世界観を見せていく。100点以上の最新作によってピンクに染められた会場は、春の華やぎが漂い、見る者を魅了する。また、夜間にはライトアップも行われ、幻想的な空間を創出する。


HANAMI 2050 限定 プリザーブドフラワーボックス S(11 11 H9cm) 9,500円(税込)

※展覧会開催期間特別価格
また、会場では、「HANAMI 2050 限定 プリザーブドフラワーボックス」やTシャツ、などの限定グッズ、ニコライ バーグマンの作品世界を発信するスペシャルマガジンが販売される。
【詳細】

ニコライ バーグマン展覧会「Nicolai Bergmann HANAMI 2050 花を愛で、未来を想う Flower Exhibition in Dazaifu Tenmangu」

会期:2018年3月29日(木)~4月1日(日)

時間:9:00〜17:00 ※開催時間は、一部会場により変更の場合あり

入場料:野外展示 無料、屋内展示全館共通 1,000円(税込) ※12歳以下は入場無料

屋内展示チケット販売:、太宰府天満宮社務所、宝満宮竈門神社社務所 ※2018年1月15日(月)より発売開始

開催場所:

・太宰府天満宮

住所:福岡ボッテガヴェネタバッグコピー県太宰府市宰府4-7-1

・宝満宮竈門神社

住所:福岡県太宰府市内山883

・志賀海神社

住所:福岡県福岡市東区志賀島877

・柳川藩主立花邸 御花

住所:福岡県柳川市新外町1 立花氏庭園内

■夜間展ディオールケースコピー示(ライトアップ)

・太宰府天満宮・宝満宮竈門神社 3月30日(金)・31日(土) 18:00頃点灯、19:30最終入場、20:00終了

・柳川藩主立花邸 御花 3月30日(金) 18:00頃点灯、20:30最終入場、21:00終了

■販売グッズ例

・HANAMI 2050 限定 プリザーブドフラワーボックス S(11 11 H9cm) 9,500円(税込)

※展覧会開催期間特別価格

・FUTURE BLOOM 6 HANAMI 2050 EDITION 3,000円(税込) ※展覧会開催期間特別価格

・「HANAMI 2050」限定Tシャツ(ホワイト/グレー) 3,000円(税込)

・「HANAMI 2050」限定トート 1,500円(税込)
【問い合わせ先】

ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン

TEL:03-5464-0716(平日10:00〜18:00)

« ラグampボーン2013年春夏コレクション相反する質感が織り成すスポーティフェミニン | トップページ | 仏発酵バターエシレ専門店のレモンバターペースト手絞りレモン果汁の爽やかな味わい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ